• HMR-E-007
  • HMR-E-007
  • HMR-E-007

芳賀稔 銀彩四方小皿

¥2,750(税込)

広島県世羅町で作陶されている芳賀稔さんのうつわです。

芳賀さんは、陶芸の産地・岐阜で美濃焼を学び、その後自動車工場で働きながら作陶家としての活動してましたが、創作活動に専念するため、2010年に出身地の府中市からほど近い世羅町に工房を開きました。
2014年には薪窯を作り、薪でなくては出せない模様や表情の様々な作品を生み出しています。

こちらは『銀彩』シリーズの作品です。
多量の銀彩が使われている贅沢な技法です。
シンプルな形ながら、他の手法ではの見れない独自の質感や表情を感じさせる作品に仕上がっています。

■サイズ:105mm × 105mm × 高さ 10mm
■重量:約 160g
■質感:鈍い金属光沢
■電子レンジ:✕ / 食洗器:✕ / オーブン:✕

*ひとつひとつ手づくりのため、サイズ・色・重量に若干の個体差があります。あらかじめご了承ください。

<芳賀稔 / Minoru Haga >

1983年 広島県府中市に生まれる
2008年 多治見市陶磁器意匠研究所修了 卒業制作課題賞
2012年 第24回土岐市織部の日記念事業 第5回現代茶陶展 TOKI織部奨励賞
2013年 第25回土岐市織部の日記念事業第6回現代茶陶展 入選
2014年 広島県世羅郡世羅町に薪窯を作る