• KM-006

かいらぎ丼(熊谷雅博 作)

¥3,240(税込)

江戸時代、遠州七窯の一つである福岡の上野焼の窯元に生まれた熊谷雅博さんのかいらぎ丼ぶりです。
熊谷さんは、ご自身の”うつわ工房”を開かれ、伝統的な部分を残しながら自由なスタイルの作品を作られています。

こちらの丼はロクロで作られ、焼くと縮れる性質のマットな透明釉を使い、かいらぎ状の器に仕上がっています。
「梅花皮」と書いて「かいらぎ」とは、器に施された釉薬が縮れてひび割れのような模様になる状態を言うそうです。
もとは井戸茶碗などに見受けられ、その風合いが称賛されるほど難しい技法とのことです。

素朴な色合いの中に、深い味わいのかいらぎ丼は、どんな料理も引き立ててくれます。

■サイズ:直径 170mm × 高さ 85mm
■重量:530g
■質感:しっとりとマットな仕上がりです。

*ひとつひとつ手づくりのため、サイズ・色・重量に若干の個体差があります。あらかじめご了承ください。