【展示会】後藤奈々・RITOGLASS 永木卓 二人展

7月の中盤からは、新潟で活動されている陶芸家の後藤奈々さんと、松本にガラス工房『RITOGLASS』を構え制作されている永木卓さんの二人展を開催します。

 

後藤さんの作品は独自に調合した釉薬を使い、金属を入れることで、マットながらもどこか透明感のある美しい表情が魅力的です。柔らかな色味の中に景色があり、一つ一つの違いを楽しめます。

 

永木さんはクリアガラスの作品と、制作時に出る端材に金属を加えて溶解した色ガラスのシリーズを制作されています。ベーシックな形にアレンジを加え、シンプルかつ個性のあるうつわはとても現代的です。

 

陶器とガラス。素材は違えどどちらも透明感のあるお二人のうつわは、これから光の強くなる夏の季節にはぴったりです。

 

【後藤奈々・RITOGLASS 永木卓 二人展】
2019.7.13(Sat.)~7.28(Sun.)

◆作家在廊予定日
7月13日(土)
オープニングパーティー 18:00〜
※ご予約不要 どなたでもお気軽にご参加いただけます。

<後藤奈々 / Nana Goto>
1982年 新潟生まれ 2005年 京都府立陶工高等技術専門校成形科終了      茨城県笠間焼窯元・桧佐陶工房に勤務 2008年 新潟に戻り、築窯

<永木卓 RITOGLASS / Eiki Taku>
1979年 神奈川県藤沢市生まれ 2002年 東京ガラス工芸研究所総合基礎科修了 2006年 多摩美術大学美術学部工芸学科ガラスプログラム卒業 2007年 (社)豊科開発公社 あづみ野ガラス工房 在籍 2012年 多摩美術大学美術学部工芸学科ガラスプログラム助手 2017年 ガラス作家 田中恭子さんとガラス工房『RITOGLASS』設立

ホームに戻る