【新着】藤田永子さんの作品を追加いたしました。

金属を金鎚で叩いて変形させる「鍛金」という技法を用い、テーブルウェアやインテリア、装身具などの「暮らしの道具」を作られている藤田永子さん。

主に銅、真鍮、錫などを使った作品は、フォルムや加工方法、テクスチャーなど細部までこだわり抜いた、一つ一つ時間をかけて作られた世界観のあるうつわです。

オブジェや大きなものも作られる藤田さんですが、「生活の中に取り込みやすい金属作品、そして金属のあるライフスタイル」を​提案していることから、現代的なサイズ感の作品が多いのも特徴です。

金属はうつわは日本では馴染みが薄いですが、歴史の中では多く登場しており、海外の国々では普段遣いに今も使い続けられています。

藤田さん金工作品は、自然な形で食卓やインテリアに加えることのできるうつわです。
陶磁器やガラスとも違った素材である金属は、日々の生活に新しいインスピレーションを与えてくれます。

 

藤田永子 / Nagko Fujita

1989  栃木県生まれ
2016  東京藝術大学 美術学部 工芸科 鍛金 卒業
2018  東京藝術大学 美術研究科 工芸専攻 鍛金分野 修了

 

こちらより御覧ください。

https://www.maholo.net/shop/category/item/brand/metal/fujitanagako/

 

« 前の記事

 

ホームに戻る