【新着】高橋敏彦さんの展示会作品を追加しました

11月に展示会を行った漆芸作家の高橋敏彦さんの作品の販売をはじめました。

高橋さんは横浜のアトリエにて、漆と木工の多彩な技術を駆使し、椀や盆、酒器など様々うつわを制作されています。

幾度にも重ね塗られた高橋さんの漆器は深い色味と光沢のバランスから不思議な透明感を感じ、覗いていると漆の中の世界へ吸い込まれそうになります。

長く使い込むことで漆は光沢が増し、より良い質感となって育っていきます。

高橋さんの作品は長く使うことを考えて作られているので、展示会の際にも何十年も愛用しているというお客様も多かったので印象的でした。
ですのでお直しも可能です。

漆は朱や黒といった濃い色なので不透明に捉えてしまいがちですが、深い色にこそ感じるこの透明感をぜひ味わっていただきたいです。

 

「石目」のシリーズは、支持体に麻布を貼り漆を定着させる「乾漆」の技法で作られています。
発泡スチロールで型を作り、麻布と漆を何重にも重ね、発泡スチロールを溶かし出します。
そこから世界各国の細かな砂と顔料が混ぜられた漆で仕上げています。

 

こちらから御覧ください。

  ↓

https://www.maholo.net/shop/category/item/brand/wood/takahashitoshihiko/

 

 

<高橋敏彦 / Toshihiko Takahashi>

1942年  東京生まれ
1965年  武蔵野美術大学実技専修科油絵卒業
1974年  大西長利氏に漆芸を学ぶ
1980年  日本クラフト展「日本クラフト賞」受賞 1993年 ぬりの系譜展 (東京国立近代美術館)
1996年  現代日本漆芸展 (ニューヨーク、デンバー) その他 個展多数 / 現在横浜にて制作

ホームに戻る