【新着】早水恵一郎 個展『層』の展示会作品を販売開始しました

早水さんは紙漉きの基本を岐阜の美濃で学び、地元の鹿児島で独学にて和紙を漉き続けています。

自身で漉いた和紙を竹や木地に貼り、天然染料や漆を使って強度や風合いを出す「一閑張」という手法を使った作品を制作されており、その種類は菓子器や皿、盆、箱など普段遣いのうつわを中心に花器やオブジェなど多岐にわたります。

物体として素材が積層されているということを感じるだけでなく、紙を漉くことからはじまる折り重ねられた時間と手間、込められた思いや考えまでを感じさせる、そんな早水さんの作品に触れていただきたいです。

 

<早水恵一郎 / Keiiichiro Hayamizu

鹿児島生まれ / 多摩美術大学卒

岐阜の美濃にて手漉き和紙の工程を学んだ後、地元の鹿児島にて紙漉きを始める。

 

こちらから御覧ください

  ↓

https://www.maholo.net/shop/category/hayamizukeiichiro/

ホームに戻る