prev
next
傳 tutaee

傳 tutaee

 「傳 tutaee」は、様々な工程に熟練した職人さんの技術、手作業を要し、日本国内でしか出来ないモノの魅力を、現在だからこその意匠と掛け合わせ、それをまとってくれる人の日々の彩りとなり、使い込むほどに良さが表れていく…そんな服、モノを生み出しています。
  • つたえのすかふ

    つたえのすかふ

     明治から続く、日本独自の染めの技法「浜松注染」。こちらの商品『つたえのすかふ』は今までは綿中心だった染め物から絹の広幅に挑戦しており、素材の特徴によるにじみやぼやけをいかしたものとなっております。現代のプリントとは異なる雅趣豊かな風合いが特徴です。

  • ツタエノヒガサ

    ツタエノヒガサ

     ツタエノヒガサは、傳tutaeeの日傘レーベル。傳tutaeeの活動によって生まれた愛すべく日本の伝統技術と向き合い、その過去から現代に伝わる技術を、現代から未来へのプロダクトとすべく、全ての行程に職人さん達の力を借り、1つ1つ大切にお取り組みしてきています。素材には、傳の素材として服の為につくってもらっている特別な布地や柄から起こしている注染による傳ノ浴衣地を主に用いています。

かりんと百米

かりんと百米

 『 米でもできる → 米だから美味しい 』へ。

 「かりんと(百米)」は、小麦粉完全不使用を実現し、とことんお米にこだわったかりんとうです。使用する米粉、米油も、自社生産米(山形県庄内産の特別栽培米)から取ったものを使用。更に、お米の食感や風味を楽しんでいただくため、生地の中に米粉を練り込んでいるので、小麦粉生地を揚げるよりも少ない油でカラッとヘルシーに揚がります。自分たちが胸を張って生産してきた庄内のお米の魅力を、いろんな角度からかりんとうに詰め込みました。米粉で、米油で、米粒入り。かりんとうを口に入れて噛んだ瞬間、炊きあがりのお米を食べた時のあの幸せな気持ちがふわっと浮かんできます。味のラインナップは「黒糖」「白糖」「胡麻」「庄内きな粉」「海老塩」「ピーナッツ」「庄内野菜」の7種類です。米袋を形どったデザインもかわいく、人気の商品です。
本

 「野澤幸代さんのレシピ本」
 フードジャーナリストで料理研究家でもある野澤幸代さんのレシピ本は、簡単なのに本格的な、他にはない目からうろこのメニューが盛りだくさん!野澤さんは、インド、ネパール、インドシナ半島、中国などを旅をし、帰国後エスニック料理教室やケータリング、雑誌のレシピ提案など幅広く活躍し、東西の美味しいもの情報に精通してます。当店のオープニングパーティでも、他にはないひと味違うレシピの数々で、来客の皆さまをアッと言わせてくださいました。