prev
next
我戸幹男商店

我戸幹男商店

我戸幹男商店は、明治41年(1908年)にろくろの街、山中温泉で我戸木工所創業しました。
 「木地の山中」と称される山中漆器は安土桃山時代にはじまったと言われています。全国一の「轆轤(ろくろ)挽き」の産地である山中は、卓越した技を持つ木地師によって支えられています。山中の主流である「縦木取り」の精度は多産地では実現出来ない精度を可能にしています。
 我戸幹男商店はシルエットにこだわり、日本の伝統的な和の美意識に基づき、無駄な要素を削ぎ落とし、普遍的に美しい形を追求しています。
東峰木人

東峰木人

 福岡県東峰村の木工作家さんが国産の天然木から手作りで削り出して作っている、木のスプーン・フォーク・ナイフなどの、カトラリーのシリーズです。
 生活に馴染み、使いやすい自然な形を追求した非常に丁寧な作品で、細かなヤスリがけとオリーブオイルを使った自然の仕上がりは手によく馴染みます。
te.iku

te.iku

 te.ikuは高竹の産地として知られる京都の長岡京に工房を構える高野竹工が立ち上げたブランドです。
 スタッフが実際に竹林に入って整備を行い、竹を伐採し、数々の工程を経て製品を作っています。
 近年はその培われた技術力で、茶道具以外にも箸などの日用品なども作っており、自然素材の持ち味を活かしたものづくりを追求しております。