prev
next
濱田窯

濱田窯

 栃木県益子町にある益子焼の窯元である、濱田窯。その歴史は、陶芸家濱田庄司が益子で作陶を始め、この地に窯を築いたことから始まります。1977年庄司が没した後も息子の晋作、孫の友緒が引き継ぎ、庄司の頃からの技法を守りつつ現在も炎を絶やさず作り続けています。濱田窯では、濱田晋作と濱田友緒親子の陶芸家としての仕事と、職人による「窯もの」と呼ばれる普段使いの器を、登り窯と塩窯、赤絵窯、ガス窯を使い製作しています。作家、又は職人の手によって一つ一つ作られている濱田窯の作品は、さらに登り窯などで自然の風合いが加わる事によって、同じ作品でも趣の違いをお楽しみいただけます。
樋口早苗

樋口早苗

 樋口さんは美しい絵付けの作家さんで、ひとつひとつ丁寧に描かれた絵付けは、かわいらしいさとモダンさを兼ね備えた無国籍でエキゾチックな印象を受けます。轆轤挽きも得意とされているので、形も精巧で美しいです。
古谷製陶所

古谷浩一

 信楽焼の陶芸作家 古谷浩一さんの工房『古谷製陶所』。どのような料理も引き立て、自由におおらかに使うことが出来るのが『白い器』です。品があり、温かみのある『粉引きの白い和食器』の陶器作りに日々取り組んでいます。『白い和食器』づくりに欠かせないのが、土です。大切な土づくりで独自の土を完成させ、その土でロクロ成型・タタラ成型をしています。器表面の下から優しく素朴な土味が見え隠れする姿は、大変深みのあるやきものとなります。 和食器の持つ温かさのようなものを生活の中でお使いいただき、楽しんでいただけたなら、 なによりも嬉しく思います。
4th-market

4th-market

 三重県四日市の地場産業でもある萬古焼の「山口陶器」「竹政製陶」「三鈴陶器」「南景製陶園」、この4つの窯元が集まり、「気取りすぎず、可愛すぎず、シンプルなだけでないもの」をコンセプトに立ち上げたブランドです。鍋やお皿など、流行にとらわれないデザインでとても使いやすいものばかりです。
堂本正樹

堂本正樹

 堂本さんは甲賀市信楽町にて作陶されている作家さんです。地元、信楽の土の特徴のひとつのざらつき感を残し、マットな釉薬で仕上げることでアンティークのような独自の風合いを生み出しています。特徴的な質感はありつつも使いやすい形状や、うつわの重さにも気を使われており、現代的な作品に仕上がっています。
大原拓哉

大原拓哉

 大原さんは信楽で「craft-k」という工房にて制作されています。信楽らしい荒い土味を活かしながら、独自配合の釉薬を使い、粉引や刷毛目、しのぎなどの技法を使った、存在感のあるうつわが特徴です。
後藤奈々

後藤奈々

 新潟で作陶されている後藤奈々さん。後藤さんは暮らしになじんで日々使うもの、使うことでホッと癒される器を考え、陶土と半磁土(陶土と磁土を混ぜたもの)を使用し、洗練されたシンプルなカタチですが、どても暖かみのあるうつわに仕上がっています。
竹田みずほ

竹田みずほ

 東京生まれの磁器の作家の竹田みずほさん。竹田さんの器は、モダンな形の中にやわらかさを感じさせるフォルムと、青白磁を中心とした繊細な色味が魅力的です。ドラマチックな世界観を持ちながらも普段使いに落とし込まれたうつわは、磁器の新しいイメージを感じさせてくれます。
藤内紗恵子

藤内紗恵子

 藤内さんは「日常を華やかにするうつわ」をコンセプトに、焼き物の里の一つとして有名な多治見で活動されています。通常磁器の作品は、生地の白さと均一な釉薬が特徴ですが、藤内さんの作品は磁器土にガラス釉薬をかけ、焼成し、貫入や垂れ、そして美しい色味が出るように作られています。ろくろでひとつずつ制作されているので、一点ごとに手作りならでは違いが楽しめます。
永草陽平

永草陽平

 岐阜県多治見で活躍されている若き陶芸家、永草陽平さん。主に磁土を使い、釉薬の流れをコントロールした、繊細かつ深みのある美しいうつわが特徴です。花弁を彷彿させるような作品が多く、一度みたら忘れることのない印象的な作品ばかりです。
青木昌勝

青木昌勝

 青木さんは磁器の産地として有名な佐賀県伊万里市にて、大川内山で採れる天然青磁原石をベースに、独自に調合した「氷青磁」という釉薬をつかって氷河を思わせるような美しいうつわを作られています。窯の中の炎の影響を強く受ける手法のため、釉調の変化があり、一点一点異なった表情に仕上がるのも特徴のひとつです。
やちむん

やちむん

 “やちむん”とは、沖縄の言葉で焼き物のこと。本島中部にある読谷村でつくられています。沖縄の風土ならではの不思議な形や、特有の原料、コバルト・オリベをつかった美しい藍色など他では見られない魅力の詰まった焼き物です。
小鹿田焼

小鹿田焼

 大分県日田市の小鹿田(おんた)。そこで作られる小鹿田焼の開窯は江戸時代中期。十軒の窯元が家族で、300年もの永きにわたり窯を守り続けています。山の土を川の力をかりて唐臼(からうす)で砕く。唐臼のみで時間をかけた陶土づくりと、全工程昔ながらの手仕事で陶器づくりを続けている集落は世界的にも珍しいです。歴史的に兄弟窯である小石原焼と同じく、大物(甕や壷)を多く焼いてきた産地ですが、大正期くらいから「飛び鉋」や「刷毛目」などの技法が取り入れられ、日用雑器が作られ始め、それが現在の小鹿田焼の基礎になっています。自然とともにゆっくりと歩む小鹿田の里は、重要文化的景観として選定されています。
小石原焼

小石原焼

 福岡県東峰村(旧小石原村)で焼かれる小石原焼は、約350年前の江戸時代から、時代の流れの中で繁栄と沈滞を繰り返し、絶えることなく庶民の生活雑器としての道を歩みながら「用の美」を確立しました。飛び鉋、刷毛目、櫛目、指描き、流し掛け、打ち掛けなどの技法で表現される独特の紋様が特徴で、素朴で温かい風合が持ち味です。多くの窯元後継者は、伝統の技を受け継ぎながら、小石原焼の発展を願って、新しい作風にも挑戦しています。